琥珀色の街のデザイン屋

吉祥寺で畑の世話をしつつ、web開発をしているデザイン事務所です

2014年10月18日

地域サービスの作成

先日から考えているwebサービス制作で、
昨日、煮詰まっていたところが、今朝、光明が見えてきた

Google Place API
1000アクセス/日まで無料(ただし、画像は別途アクセス数を消費)
それ以上はクレジットカード登録が必要。

Yahoo!ローカルサーチ API
(Yahoo!ID 1件につき)50000アクセス/日まで無料

50000/日あれば、サーバキャッシュを取りつつ、ある程度使えそう。

提供データは、Yahoo!のほうが項目が多い、
Googleも追加で詳細データを取れるのだが、それにはさらにアクセス数を消費してしまう。
詳細無しの試作段階で一日400、その10倍消費したら、試作だけでもう利用制限に引っかかってしまい公開できない。

ただし、精度はGoogleと同程度で、一部のカテゴリ情報には抜けが多いため、
一部、国土交通省が無料配布しているデータベースを、自前で解析する必要がある
国土交通省のデータ概要を見ると、全国11万件、そこから距離上位順で10件程度抽出する部分が必要

作業量は想定より増えたものの、がんばればゴールが見える状況にはなった


P.S.
一日かけて試作版を叩いてみたものの、Yahoo! APIは更新が遅いようです。
2013年2月開店のスーパーが載っていない、2014年1月改名した店も古い名称(現在2014年10月)
呼び出し先が、Yahoo! 地図に使っているものと別物のようです。

年内のデータが更新されてないのは、まだいいとして、
2年近く前のデータが追加されてないのは、ちょっと古すぎるかもしれない。
以前もあったけど、Yahoo!って、間に合わせ的な、わりと大きな穴がぽこぽこ見つかるのですよね(苦笑)
人的リソースが足りてないのかも

P.S.
さらに、売り場ごとに「別店舗」として扱われてしまうのも困りもの
「東急 ○○売り場」「東急 お買物相談窓口」などがそれぞれ別の店と認識されていて
同じところに30店舗近く密集しているかのような、非現実的なデータが返ってきてしまう。

近隣10件表示、などしても意味が無くなってしまう。
同一店舗排除設定をしても、ほとんど変化は見られない。
管理用の店舗コードが正しく統一されていないからだ。
となると、Yahoo! API の実用性は、皆無なのだろうか?
posted by ohweb at 09:55| Comment(0) | web開発