琥珀色の街のデザイン屋

吉祥寺で畑の世話をしつつ、web開発をしているデザイン事務所です

2013年12月27日

クライアントを教育することもデザイナーの義務?

■ クライアントを教育することもデザイナーの義務?



デザイン業界では、50年来よく言われてきたことですが、
WEBではいまいち定着していないように思うのです。


要するに「どの作業が何に属し、相場いくらくらいかかるものなのか?」ということ

他の媒体であれば、

例えば、紙媒体の場合
・デザインをするのはデザイナー、
・テーマを考えたり、どんな広告にするのかを決めるのはアートディレクター、
・印刷をするのは印刷屋、
・それを配る手配をするのは、企画屋、

など、歴史が長い分、わりとはっきりしている感じがあり、また分業もされていますが、


これがWEBになると
WEBデザイナーというのは、元々、一人でサービスを作り上げて、運用して利益を上げてきたような人が多いため、
この境界があいまいにだったりします。

・運営提案やアドバイス(本来はコンサルタント業務)
・文言のチェックや提案(本来はコピーライティングやアートディレクション業務)
・システム設計からプログラミングorシステム構築(本来はプログラミング業務)
・デザイン(デザイナーの本業)
・サーバやドメインの手配と管理(本来は運用関連業務)
この辺りはWEBデザイナーを名乗るなら、出来て当然のものとなっています。

だから、どれが費用が発生する業務なのか、相場いくら程度の業務なのか?
というのを、クライアントにひとつひとつ理解していただく必要があるのです。




■「クライアントは使い捨て」と陰で言われてきたWEB業界



で、結局のところ、この業務の境界がはっきりしてないWEB業界では、
陰では「クライアントは使い捨て」という乱暴な言葉も使われていました。
発注者の比率では、WEB初心者の方が多数派であるせいもあります。


WEBサービスの正否を分けるのは、アイディア1割、運用(サービスのクオリティも含む)9割だと私は考えています。
ほぼ同じ事業を行っているヤフオクと楽天オークションで、ヤフオクが圧勝しているのを見れば一目瞭然でしょう。


例えば、たった2時間のメンテナンス情報を、メンテナンス終了から2ヶ月経っても、お知らせに上げっぱなしにしていたり、
契約の確認事項が、1年メールをやり取りしても解決できていないなど、
そもそもWEBに割ける人員が足りないのに、強行しているのが見て取れるケース、
これはもう、どんなに素晴らしいアイディアや、クオリティの高いシステムを持ってしても、失敗するのが目に見えているのです。


既にWEBで事業をされている企業さんの場合は、
運用に必要な人員リソースを計算に入れて、発注されるので問題が少ないのですが、
多数派である、WEBに新規参入の企業さんの場合、
思いつきでWEB事業を始めようとして、箱(サイト)さえできれば、何でもかなっちゃう夢の世界〜♪、
と誤解されて参入、そして失敗されるケースのが多い。


後者のタイプは、そもそも先述の
・運営提案やアドバイス(本来はコンサルタント業務)
・文言のチェックや提案(本来はコピーライティングやアートディレクション業務)
あたりに対するコスト感覚を備えていないので「タダでやってくれて当たり前」と思ってしまい、必要な対価を出し渋る。

デザイナー側も「きちんと対価を受け取っていないものに責任を持つ義理はない」と考えて、それなりの対応をする。
「この会社は、結局、何を言ったところで失敗するんだろうなぁ」と予測した上で。
これがタイトルの「クライアントは使い捨て」になるのです。

結局、WEB事業の経験の豊富な企業さん(=自前でWEBデザイナーを雇っている企業さん)だけが生き残っていく状態。



これを解消して、未経験者にもやさしい業界になるためには、
何に対して、どれだけの金額が発生するのか?必要なのか?を広めていく必要があるのです。
デザイン業界で長年言われてきた「クライアントを教育」と同じように。
posted by ohweb at 08:07| Comment(0) | web開発

2013年06月20日

「.co.jp」は会社の身分証明書

さて、コラムを書くのにちょうどいい題材がなかったのもあって、ずっと準備中だったコラムブログ。
ファーストサーバの大規模損壊や、PCソフトショップで起こった、フリー通販ツール導入による情報漏洩→倒産など
一般の方にも取っ付きやすい話題が、ここのところなかったので。


ちょうど身近に「コト」が起きたので、参考になればと思い、書いておきますね。

さて、うちで扱っているツール『NTT電話番号クリーニングツール』
これはある会社からの依頼で作成し、開発費・設置料込みで、おおざっぱに50万くらいだったかな?
で納品したものなのですが、そこの発注担当者さんが

「これ、いっぱい売ったら儲かるよ!」とおっしゃるので、
「まぁ一応、体裁整えて売っておくか」ということで、販売ページなど作ってあったりします。
主事業とはほど遠い代物です。
でまぁ、作った当初それなりには売れたんですけど、
不払いや、コピー漏洩などの面倒を起こす客も多いので、積極的に売る気もなく放置という感じで、
メールなんかくると「あぁ、そんなのがあったなぁ」と思い出して対応してたりするのです。


そんなんで、今月も何件か問い合わせが来ていたのですが、その中に、見るからに怪しいメールが

「聞いたことがない会社」というのは、このツールを売るようになってから何件もありましたが、
この、自称・株式会社の場合、
・ドメインなし(プロバイダの付属アドレス使用)、
・サイトなし(検索にヒットせず)、
・当然、他社サイトにも取引などの情報なし
・会社名で出ないということは、つまりNTT電話帳にすら公開されていない、

今の時代、どんな小さな町の商店ですら、何らかの情報がヒットする時代です。
ちなみに、大きな声では言えませんが、やくざのフロント企業(本来の意味でのブラック企業)でも
webページは存在しますし、検索すれば見つけられます。

株式会社を名乗りながら、これは明らかに異常。

執拗に電話対応を望むのも珍しいと言えば珍しいものの、それ以上に、どうもうさん臭さを感じたため、
「当方はご紹介の方か、以前に取引のある方以外には電話対応をしておりません」という旨を伝え、
やんわりと拒否したところ、非常に幼稚な言葉で罵り始め、「事務所周りでストーキングするぞ」との脅迫を始める。
誰の目から見ても、とても社会に出て働いた経験があるとは思えない文面、
ようやく「あー、これは中高生のいたずらだ!」と理解しました。

その後も「今ストーキングしてるぞ!」というようなメールが届いているようですが、
自動振り分けで、SPAMに放り込まれているので読んでいません。
気が向いたら警察にでも送っておくかもしれませんが。




さて、今の時代、法的にも「メールは有印契約書と同価値」とされていますから気を使いたいもの、
電話がメインだった時代にはうやむやにできていたことも、今はまず無理です。
そして、そのメールの有効性、信頼性を高めるのが「.co.jp」という属性付きドメインです。
このドメインは言うなれば「印鑑証明付きの社判(会社実印)」です。

株式会社でメールを使う会社なら、ほとんどが取得していると言って間違いないでしょう。
株式以外の会社でも、それなりの収益があり、信用が必要な会社は取得しています。
私のような個人経営のフリーランスには無用なものですが。


値段は、通常の属性なし.jp + 2,000円程度、事業者に取っては微々たる額です。
当然のことながら、「.co.jp」は、一企業団体につき1ドメインしか取れません。


メールを受け取った方の使い方としては、まず、未知のドメインからメールが届きますと、
whois(ドメイン管理機構)などのサイトで、そのドメインの登録情報を参照します。
このとき、「.co.jp」は登記簿の情報と同じものが掲載されますので、その会社が実在することが確認できます。

それ以外の属性なし「.jp」などの場合は、大抵が仲介業者の情報が掲載されます。
うちのようなフリーランスの場合、いたずら防止になるという訳です。
基本的に、紹介のみで顧客を広げているうちの場合、こちらで十分。

もしプロバイダのアドレスや、携帯キャリアのアドレスで「○○会社のものです」なんて送ろうものなら、
よほどwebに疎いご老人を除いて、まず、確実に商談に乗ってもらえないでしょう。
名刺を切らした人が、コンビニで名刺をコピーしてちぎったもので仕事するようなものです。



株式会社を名乗るなら、webサイトとドメイン、両方必要だと思いますが、
サイトはすぐに用意できないとしても、最低限「.co.jp」は取りましょう。
私もこの歳になるまで、零細から大企業までいろいろ渡り歩いてきましたが、
本当にお金に余裕がない、超が付く零細企業ですら「.co.jp」は取得しておりました。
でないと、仕事の発注メールすらできませんからね。


まぁ、件のいたずらの場合、ドメインだけではちょっと信用力不足ですが、あまりに情報がきれいさっぱりなさすぎて。
活動規模が、年商100万程度の八百屋より狭いということですからね。
この会社が実在してるかどうか?100人に聞いたら100人全員がNOと答えるでしょうね。
posted by ohweb at 06:17| Comment(0) | web開発

突貫でブログを用意してみる

紺屋の白袴よろしく「準備中」のまま放置していたコラムですが、ブログ兼雑記という形で用意してみました。
webサイトのデザイン流用で30分ほどで完成、もちろん粗はあるでしょうが、書いて読めればよいということで、

タイトルは、まぁ、分かりやすくこんなのにしようと決めてまして
板橋の騒々しい事務所から、畑付きのこの物件へ引っ越して参りました。
吉祥寺のなかでも、観光客の通らない非常に静かな場所です。

条件としては、第一に静かなこと、第二に井の頭公園に近い、そして第三に畑付きであることでした。
正直なところ、畑はあきらめていたのですが、不動産屋さんが粘ってくれまして
あの日は大変でした、あきらめて帰るに帰れず、引き止められてしまって(苦笑)

そんなこんなで板橋事務所よりかなり広くなった一方、都心から離れてしまった田舎系事務所となりました(笑)
板橋事務所のころも、SBI時代にお世話になった部長が来てくれたり、いろいろ思い出深いのですが、
あと、おいしいネパール料理のお店があったりしたので、いつかまた訪れることもあるかもしれませんね。
こうやって、いろんなところに思い出を残しつつ生きていくのですね、、、

SBIの本社(泉ガーデン)も、呼ばれて行くと懐かしくてね、
「いつかまた、ここでみんなで働こう」と言って、それぞれ違う部署、違う会社に分かれてしまった仲間たち。



しんみりしちゃいそうですし、まぁ、あいさつはこの辺りにして
ではでは、もし更新がありましたら、気が向いたら見てみてくださいませ。
posted by ohweb at 04:15| Comment(0) | web開発